2014年07月13日

本日の収穫作業延期のお知らせ

ジャガイモオーナーのみなさま

本日、突然の雨予報に変わりただいま雨雲レーダを確認したところ
午前中いっぱいは雨の見込みです。

雨の後の収穫は、特にジャガイモに取っては一番腐りやすくなってしまうため
大変申し訳ないのですが本日の作業は、

7月21日(月・祝)午後1時から、に振り替えさせて頂きます。

メール、ブログ、お電話にてもご連絡さし挙げたいと思います。
もし、メールに気がつかれた場合はご返信いただけると大変助かります。

21日のご都合が合わない場合はその他の日程でのお渡しも可能ですので、
お気軽にご相談ください。

今日まではお天気が持つと思っていたのですが、本当に残念です。

申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

つくだ農園
渡辺 民
posted by たみ at 06:31| ぶどう畑

2013年09月20日

ぶどうの旅に!


台風18号、やってくれましたね。

京都は北の方がだいぶやられました。
TVではいっちばんヤバいところを何度も何度も放映して、
京都水没したんちゃうか?と思われた方も多かったよう。
大丈夫?とお問い合わせくださった方も。
ありがとうございます、私たちのところは大丈夫でした。

畑は、唐辛子やらナスやらオクラやらずいぶん傾いてしまいましたが・・・。
ハウスが飛んでなくてよかった、と思っております。


さて、そんな台風の渦中に私たちはというと一路山梨へワイナリー巡りの旅に出ていたのです。

これは、私たちのぶどう畑をプロデュースしてくれている中東さんにお誘いを受けた旅でした。

中東さんが懇意にされているワイナリーが山梨にあり、一緒に訪問しませんか?とのこと。
もちろん、イエス!もといイエイ!!というかんじで行って参りました。

日曜日の夕方から大垣に前泊で出発していた私たちですが、肝心の中東さんが京都駅で足止め(台風の影響で大混乱中)。
一時はどうなるかと思った山梨への旅ですが、なんとか無事中東さんと合流の後出発することができました。

大垣から小渕沢ICまで約4時間の高速道路。
途中、恵那山トンネル直前で足止めを食らうも、昼食を食べている間に開通!これはついてる!!
夕方には無事目的地に到着できました。

まずは夕食の食材の買い出し。
なんと、現地で中東さんが腕を振るって下さるというではありませんか。
私たち、そういうこととは何も知らずにただただついていったのでびっくり。
食材をしいれる「消費者センター」なる八百屋?直売所?不思議なお店へ。



RIMG0131.JPG



すげー品揃えでした。
果物はもちろん豊富で、中東さんはキノコを(しかも松茸!!)を大人買い。

私が目を奪われたのは、スズメバチを漬けた焼酎、1.8lで9500円なり。
使ったあとのペットボトルに入っているのがリアルに、穫ったんだなと思わせる一品でした。




RIMG0137.JPG



こちら、今夜の食材一覧。
65円と、12480円が一緒に入る。なんか、すんごいな、プロの買い方。



そして、以前京都におこしになった時お会いした、BEAU PAYSAGEというワイナリーを営んでおられる岡本さんのところへ。



RIMG0165.jpg


こちら、自分でぶどうを作っていらっしゃるワイナリーなのである。
規模は大きくないと言っても4ヘクタール(農民的には4町という方がわかりやすいね)。
ぶどうの種類は・・・、いろいろやってらっしゃる。
とっても有名。おいしい、そして美しいワイン。
人柄がこんなに出ている飲み物、飲んだことない(運転手だったので、帰ってきてから飲みました)



RIMG0172.JPG


今夜のワインたち。
もう売ってないのもあるんだって。

そして、その岡本さんを囲んでの夕食会に混ぜて頂けたのです。



RIMG0169.JPG

こんな素敵なこと、ありません。
同じく台風の中を駆け抜けて、一宮から素敵なイタリアンの食堂を営むとってもやさしいご夫婦もいらっしゃいました。
なんだか、岡本さんの周りでいつもこのような暖かな交流が営まれてるんやろなーと、ほんわか。



RIMG0171.jpg

旦那さんは、にわかに中東さんに弟子入り。
中東さん持参のちいさな有次ナイフで、キノコの下処理係。


お料理は、楽しく美味しく暖かく。
写真をとることができない感じでした。

おみやげに持っていった万願寺とうがらしの青と赤を、ワインに合う!といって生のままみんな丸かじりしてくれはりました。
これ、うれしかったですー。


いろんな話が沢山出て、私達はもっぱら聞き側だったけど、勉強になりました。
まず、料理もワインづくりもともにあくなき探究心がたいせつだということ。
そして、果てしなく謙虚だということ。何にかというと、お客・・・ではなく、野菜に。ぶどうに。
けれども、作ってくれる方、そしてやはり集ってくれる人にあたたかな感謝が常にあるということ。

人としての魅力は、知識とか、外見や、ましてや肩書きにあるのではなくって、
そのひとのそんな謙虚なでも愚直な姿勢、物の見方、そしてなによりそれに裏付けられた行動にある!
と魅力的な大人の方々に見ほれながら学んだ夜でした。

いい夜やった。
わたしもこんな大人になりたい、と思った夜。



次の日は、台風一過でモンノすごい晴れ。
ピッカピカの空と、富士山が見えました。
こんな風景、初めて見たなー。
空がほんまに広いなー。標高1200Mはすごいわ。

さて、今日はぶどう畑を見て回ります。

まずは、昨日の岡本さんの畑へ。

今日から収穫!という忙しい日でした。
台風の被害も少なく、よかったです。


RIMG0213.JPG

こんな絶景のなかで、ぶどうが育っている。
そして、あのワインになるのです。
もっともっとみたかったけど、時間がなく次の場所へ。


RIMG0233.JPG

おつぎは、シャトーメルシャン。
なんと、試飲させていただけました。
ネリにまであれこれとご配慮いただき、ここでも素敵な大人のかたに出会えました。


RIMG0228.jpg

ぶどう食べても怒らはりません。
小高い山からネリが転げ落ちそうになったら、すぐにしたにおりてくれはりました。



ほんまに、優しい方でした。シャトーメルシャンの偉い方です。
RIMG0224.jpg


お昼ご飯までごちそうになりました。

最後は、美しい女性が作るワイナリー、中央葡萄グレースワインさん。

RIMG0239.jpg

わたくし、若干よっぱらっておりますね。

かくして、山梨ワイナリーツアーは贅沢にも3つのワイナリーを回り、ようやく帰路についたのでした。

それにしても、どこへいっても中東さんって大歓迎をうけたはります。
これは、お店が有名だからとかそいうことではなくて、人柄からやなあ、と一緒にいてしみじみ思いました。

自分たちもいつかこんな風に歓待され、また歓待できるように成長したいなと思いました。

かっこいい大人を間近にみれたこと。
これが一番の旅の収穫やなあ、とおもっています。


追伸、私たちの泊まったホテルは清里にある清泉寮というホテルで、
とーってもよかったからご紹介します。

RIMG0187.JPG


ピース!


こちら、まだまだ募集中です。
つくだ農園と一緒に作る
有機の「金時人参オーナー」

posted by たみ at 17:28| Comment(3) | ぶどう畑

2013年03月25日

面白い名前ぞくぞく


3月20日。
少しお天気が危ぶまれるも、なんとか薄曇り。

午前9時、遠方よりネリの祖父母到着。
お手伝いの看板ボーイ、その令嬢到着。
渡辺家の昼ご飯弁当巻き寿司完成。

・・・、いざ公民館へ!



この日のぶどう畑にはなんと、当日には90人を超える参加表明を得ており、
どうなることやら戦々恐々な気持ちで朝を迎えました。


間をががッと端折って、ご報告したいのは、大成功だったということです。

無事、予定していたすべてのぶどう苗が植わり、
それぞれに個性豊かな名前が付けられました。


ご参加いただいた方、差し入れくださった方、本当にありがとうございました。


さて、当日朝に戻りまして。
10時過ぎ、中東さんから開会の挨拶をいただきました。

RIMG0089.jpg


私たち、せいぜい3年後にぶどうとれたらいいなーなんて気持ちだったのが、
中東さんに、「ネリちゃんが20歳になって、その頃に美味しい葡萄酒が飲める、そんな場所になればいいと思う」
と言ってもらえた時、わあー、そうだ、10年後も20年後も続くものを植えるんやなあーと、じんわりしました。
そんな先にも、やれる仕事があると思うだけで、ワクワクしてしまいました。






そして、場所を畑に移して、今度はぶどう専門家?こう見えてスーパー公務員な古野さんから、
ばっちりぶどうのことを勉強させてもらいましたね。

P3204911.JPG





「ぶどうは強い植物です!」なんてお墨付きをもらって、ほっとした私です。



それから皆さんで、89本ものぶどう苗をどんどん植えていきました。


P3204975.JPG



何かを植える。
まるで、その後の成長の第一歩を自分が責任を負っているような、そんな厳かな気持ちになりませんでしたか?
きっとその通り、ぶどうは定植して下さった皆さんのその行為のおかげで、これからぐんぐん成長していくことができるのです。
ぶどうたち、広くてあったかい土に植わって、きっと喜んでいることでしょう。
わさわさと。


P3205014.jpg



それからそれから、名前を付けました。

これはもう、自由に、奔放に、やって頂きましたよ。
シンプルに自分や家族のお名前を付けている方や、
????なにか?という名前を付けられた方など。かなり面白くみせてもらいました。

個人的におもしろかったのをいくつかご紹介。




RIMG0137.jpg

「草久然」これはきっとあの人



RIMG0182.jpg

「カンパネラ」すてき




RIMG0147.jpg

「忠蜜」蜜の字にぐっときました!



RIMG0188.jpg

「プルプルツンツン」・・・?





すべて無事畑作業が終了。
お楽しみのお弁当タイムです。

中東さんより、とってもとっても美味しいワインのご提供。
わっぱ堂からは、かよちゃんの石釜パンと、野菜のお味噌汁!!
カフェミレットの隅岡さんは、お赤飯!!!

P3205056.jpg



P3205072.jpg


すべて、美味しかったです。

お弁当、byソーシャルキッチンは、65個完売で、大変好評でした。
完売につき、渡辺家は私の巻き寿司弁当。
ちょっと、食べてみたかった。SKの春弁当。

お弁当を食べながらの自己紹介も楽しかったですね。
お料理人さんの多いこと。
アーティストのような方もちらほら。

もちろん、ワイン好きは皆様。
いや、自分は飲めへんけど、奥様のために!なんて方もいらっしゃった。

とにかく、よかったです。
みんなが、黄色い拡声器握りしめてしゃべって下さったこと、わすれません(笑)
素敵でした。

そんなわけで、楽しい時間は過ぎてゆき、やがて雨。

天気予報通り。
なんとかバスの時間まで持ってくれてよかった。

小出石発の京都バス、あんなに人が乗っているの初めて見ました。
わらわらーっと集まる人々に、運転手さんもびっくりしてはったのでは?


実に、楽しく充実したぶどう苗の定植会&名付け会でした。
忙しすぎて、久しぶりの人たち初めての方々とゆっくり話しできなかったのが心残りです。
どうぞまた、会えますように。

集まって下さった皆様、見守って下さった皆様、ちょっと関心あったけどという皆様も。
ありがとうございました。


P3205042.JPG




おつかれさーん
P3205079.jpg
posted by たみ at 12:22| Comment(3) | ぶどう畑