2011年08月18日

いつでもいいように


臨月に入ってただいま38週です。
体調はすこぶる好調で、毎日午前中は畑で収穫と出荷作業に追われる日々がつづいております。

とはいっても、もう臨月。
旦那さんと2人だけで過ごす日々も後わずか。
そんな気持ちもあって、最後(じゃあないだろうけど、)にどこか一緒に出かけようといって映画を見てきました。

ジブリ新作「コクリコ坂から」です。
それも五山の送り火の日に。

京都はきっと混むから滋賀の方に。
便利なもので、前日からネットでチケットを購入できるんですね。
いつものように午前中は収穫と出荷をしてから、お昼を食べて出発です。

映画と言えばだいたい開演の30分前には到着してないとチケットも買わなきゃいけないし、
とか思ってましたが、ネット購入のおかげで並ぶこともなく開演時間ちょうどに到着しても
宣伝の間に席にも着けるし飲み物だってかえるのです。便利だな。

そんな訳で、ジブリ映画を堪能しました。
内容としては、・・・、わたしは「耳をすませば」が大好きで、
高校時代からなんどもなんどもみたんだけど、やっぱりそれには勝てないかなーという恋の物語でした。
だって、なんか、恋愛としての葛藤がないんだもの。
いきなり両思いというのって、恋としてはありえへんと思ってしまう。
でも、時代の雰囲気とか、建物なんかはすてきでした。

映画はとにかく、旦那さんがこの忙しい時期に一緒に映画にいってくれて、
帰りに夏仕様の簾とかよしずとか、金魚とか買えて、宝牧場のおいしいソフトクリーム食べて、
すごく満足したからこれで思い残すことなくこんどは赤ちゃんのお産に向き合える!と思ったのです。
それが大事だと思う。


なんかやっぱり仕事しているうちはそちらが気になるし、
産休はいったら畑に追われて毎日毎日忙しくすぎていくし、
なかなかお産に自分の気持ちを向けられなかったけど、
映画鑑賞はいいきっかけになりました。


それと、昨日の検診ではじめて助産師さんとお話できたこともすごく良かった。
私のいっている病院には、院内助産のシステムがあって、経産婦なら助産師さんと産むこともできるのです。
私は産むのは分娩台だけど、相談には行けるということで、いつもの検診を助産師検診にしてみました。

いつもは大混雑している待ち合いで30分以上は待って、診察室で5分で終わる検診が、
昨日はなんと1時間近くもお話したのです。
たまたま配達のついでがあった旦那さんも一緒に診察室に入って、
私の書いたバースプランをよみながら、じっくりとお話できました。

プランには、普段の生活のこと、農業していることとかをかいたり、
どんなお産にしたいかという希望を、病院からもらった紙をなくしたから
自分で勝手に書いたのですが、よくかけてるとほめてもらいました。

それから、これからどんなものを食べたらいいかとか、
どんな運動や動きをしたらいいかとかを具体的に話し合ったりしました。

へその緒をきりたいという旦那さんに、なぜそうしたいのかを問われたり、
(ただなんとなく切ってみたい、みんなやっているからという理由の人はきらない方がいいとか)
普段している「収穫」という作業は、野菜の生育を見極めて、ちょうど良い状態のものを穫る。
子供もそれと同じだと思うと答えだ旦那さんに、すばらしい!と言ってもらえたり。


話していて、不安なもやもやがすっきりしていく気がして、
あと何をして待てばいいかもよくわかりました。
そのあとの内診では、冷えていること、浮腫んでいることを指摘されて、
それを改善することがこれからやるべきことというのもはっきりしたし。

ゆっくり手でおなかを触ってもらってみてもらうことは初めてでしたが、
とても気持ちのいいもの。
いつもだったらぬるっとしたゼリーを塗られて、超音波でパパッとみるだけなのに、
このときは、ゆーっくりおなかを押して、ここが頭、ここが足、ここが手、
ここに耳をつけると心音が聞こえると教えてもらったのです。

なんか、ほんとに、いつもと大違いの検診に感動して、
受けて良かったと思いました。


初めてのことで、どうしたらいいやろ、ま、なんとかなるかーというイメージのなさだった自分のお産への姿勢が、
ぐっと定まった気がします。

いよいよあと1週間か2週間です。

あー、楽しみだな。
posted by たみ at 16:06| Comment(1) | マタニティ日記

2011年06月29日

大暴れしているから


来週で、9ヶ月。
推定女の子、9ヶ月は、ただいま絶好調で大暴れしています。

時間、場所を一切わきまえない態度。

旦那さんなど、他の人にその態度を見てもらおうとするとぴたっと動きを止める。
視線を外して、再び何か始めると暴れだす。

こういうことが、毎朝毎晩続いていますので、
割合疲れます。

なんか、お腹の中でマッサージ機が動いている感じです。
女の子、9ヶ月の足がぐりーんとお腹を内側からマッサージ!!
不思議な感覚です。
いたくありませんが、ウッとくるのです。

かわいいやん、といわれればはい、かわいいです。
でも、姿が見えませんから、なんか・・・。
不意打ちなんで、いつでも。

そういう訳ですが、元気いっぱいに動き回れるのも今のうち。
来月になればお腹の中は余裕がなくなってくる(らしい)ですから、
どんどん動けよ、とも思います。

ちょっと下がり気味なきがするわがお腹。
ここで無理したら早産になっても困るので、
最近は畑仕事もセーブしています。

最後の畑仕事は、会社のしそ畑の中耕でした。
頼もしい人たちに助けられながら。

P1050867.JPG

作業にはいるまでの準備が、三者三様でおもしろい。
入念に機会を手入れするじゅんちゃん。
唯一手動の道具を持参してくれた聡さん。
それをみてる旦那はん。

しかし、男三人ってよくしゃべるんですね。
しゃべりすぎて口の中に虫入ってくる(何度も)人がいましたから。


anyway,どうもありがとう!とっても助かったです!
posted by たみ at 14:59| Comment(0) | マタニティ日記

2011年06月10日

8ヶ月

こないだの木曜日で、8ヶ月。
残りは丸3ヶ月です。

ここへ来て、食欲が少し収まり
ヤバい量だった間食がなくなってきました。

7ヶ月目は、仕事が終わって帰宅したあとに餅を2、3個食べたり、
パンを食べたり・・・と
とにかく炭水化物を馬鹿食いしていました。

それもなくなって、仕事の休みの日はゆうとの畑を手伝ったりしているので
身体も良く動かしているつもりなのに、
検診の朝に限って、自己最高体重に突然なってたりします。
なんで、昨日より1sも急に増えるのか・・・、
謎な現象に愕然としながら朝食を抜いて病院に行ってみたり。

それなのに病院の体重測定でもやっぱり減ってなくて、
うっそ!という数字がはじき出されました。
先生からは、「ちょっと注意しないと、大幅に予定体重をオーバーするよ」と言われました。

そして、赤ちゃんはどうやら平均よりやや大きいようで、
「巨大児ではありませんが、お母さんが大柄だから遺伝的に大きいようです」と言われました。
はい、そうですか。
お父さんはもっと大柄ですからね。

大柄、という表現はあまり良くないと思います。
相手を傷つける場合もあります。
できれば、背が高いとか、そういう風に言ってほしい物ですよ。特に、体重のことを気にしている人に対しては!

というわけで、現在お腹の中で1400g相当の大きさとなった赤ちゃん。
よく動き回っています。
うにうにダンスしているかのような動きに、笑ってしまうこともあります。
自分の腹に対して笑う、希有な体験をしております。

そんな8ヶ月。

チャイルドシートを譲って頂いた方に、
8ヶ月目は特に安静にして、無理をしてはいけませんよ、
というアドバイスを頂いたことを思い出します。
なんでも、8ヶ月目は赤ちゃんの神経系が発達する時期で、
この時期に無理をすると早産したりするとのこと。

「看護婦さんでも、仕事を休んでゆっくりなさるそうですよ」
なんて、ご忠告に、ぞくっとしてしまいます。

そんなこと、初めて聞いたけど、
本当かしら?
でも、気をつけなければ、
とおもって迎えている8ヶ月目です。

ちなみに検診から2日たった今日、
体重は元に戻りました。
体重は、週のトータルで見なあかんのです。
posted by たみ at 14:07| Comment(3) | マタニティ日記