2013年10月25日

新米の悦び


今年は田んぼの場所が新たになって、好立地を得た年でした。
昨年までは百井でやっていた米づくり。
今年も田植えまではやったのですが、夏の野菜の忙しい時期になかなか百井へ上がれず、手をかけられませんでした。
収穫はすべて一緒に田植えをしたわっぱ堂の細江家にお願いして、百井での米づくりはついにあきらめた年となりました。

捨てる神あればひろう神あり。
今年は里の駅大原の西側の田んぼを新たに使うことになり、久しぶりに大原での米づくりができました。
もちろん無農薬有機栽培でやりまして、アイガモくんにもちょっと手伝ってもらいましたが、ほとんど鴨の力を借りることなくとても良いできの田んぼとなりました。うれしいことに、ヒエもほとんど生えず、ヒエとりは軽く2回で済みました。


IMG_0466.JPG


みて下さい、このきれいな黄金色。
いやいや、普通やろ、これが田んぼやろ、と皆さんお思いかも知れませんね・・・。
でも数年間、百井でなんだか悲しい収穫量を味わってきた私たちにとっては、この見事に普通に立派なことが、本当にうれしかったです。


IMG_0496.jpg

意気揚々とコンバインする旦那さん。

お天気にも恵まれてました。
台風18号のあとです。

家にはまだ昨年のお米が残っていたので、新米を食べ始めたのは今週から。
さっそく、味も香りもいい新米にやられています。
ネリも、これまでお米をあんまり食べなかったのに、ごはん、ごはん!おにぎり!と騒ぎたてています。

IMG_0649.jpg


8せで380キロ。なかなかの収量でした。
30キロ袋12本と半分。
これは、渡辺家(旦那の実家)と唐沢家(私の実家)にも食べてもらいたいと思います。
4本ずつで分けましょうかね。

実家の家族が食べる米までつくれるなんて、なんだか田舎のおばあちゃんの家のようです。
理想です。うれしいです。
これこそが農家やん!と言う気持ち。


世間では、偽装だ、なんだと騒がれていますが、そんな問題どこ吹く風です。
お家で食べるご飯が一番贅沢であればいいとおもいます。
そうしたいな、と思っています。








こちら、まだまだ募集中!!
日々の食卓を、贅沢に!!
オーガニック玉ねぎオーナーさん











posted by たみ at 16:28| 野菜あれこれ