2016年02月08日

ちょっと前の話


立春も過ぎて、そろそろ花粉の季節。

インスタグラムやfacebookなんかをしていると、情報の鮮度がよすぎて、
ちょっと前のことがどんどん昔のことになってしまいますね。

ブログだけやってた時だったら、1週間前のこととか簡単にかけたのに、
今となってはそれが難しい。
でも、よく考えたらインスタやFBは見ない人もいるわけで、
それにまとまった文章を書くのは(私の場合)やっぱりここだけだから、
ちょっと前の話でも書きますね(笑)

雪が降りました。
いつだよ、ってかんじですがそうですね〜1月の末のことです。
ありゃ、結構前でした...

今年は冬が短くて、もうスタッドレスやめよか?というくらいなんですが、
そうそう、1月の末にはちょっと積もりました。

IMG_6242.jpg


雪が降ると農業はハウスでもない限り結構お手上げなんです。
野菜が見えないし、闇雲に収穫してもまだ小さい!とか、凍ってるから皮がめくれたり、
いいことないんです。
でも、雪が降った畑ってとても楽しいんです。
まず風景がとっても綺麗ですし、ソリなんか持って行って運んでみたりね。


IMG_6246.jpg

不慣れなんで、こけたり倒れたり..ソリを軽トラにくっつけて滑ってみたり。
(あぶないよ、絶対真似しないで!)
そんないちいちを楽しんで収穫しました。


IMG_6244.JPG

さいわい雪はすぐ溶けて、次の週にはいつもの収穫作業に戻りましたが、
なんか楽しかったです。

IMG_6258.jpg


寒さのせいで丸大根はだめになっちゃいましたが、
それでも楽しい。

気候変動が激しくって、夏らしくない夏、冬らしくない冬がつづいていますね。
そんなとき、農業の大変さを思い知るのですが、
私たちには到底手も足も出ないことを思い知るのですが、
それにもまして、日々自然相手にする仕事の楽しさを感じています。

そして、手も足も出ないからこそありがたいという感謝の気持ちも思い出すわけです。
やらされている、生かされていることの喜び、なんかも感じてしまうわけです。
なんでも自分でコントロールできたり、なんでもできるということが
幻想だということがわかる。


農業を始めて良かったと思うのは、こんな雪の日だったりするのです。


posted by たみ at 13:22| 農作業

2016年02月01日

ありがとうございました


昨日、日曜日最後の朝市出店を無事終えました。

時々、お疲れ様とかいわれつつ、いつも通り、で終わっていくことが気持ち良かった。
だって、まあ、終わりじゃないですから。
むしろ出発新しい門出。船出。つくだ丸(毎回楽しみに観ています^^)!


10年、やりました。
時々野菜がなくてとかで休んだけれど、出店回数はかなり多かったと自負。

がんばった。
とくに旦那さん、頑張った。

ほんとうに、お疲れ様と申し上げたいです。


そんなわけで、これからもつくだ農園にご期待ください!

インスタグラム、始めました!
https://www.instagram.com/tuskuda_farm.kyoto/

posted by たみ at 12:23| 雑記