2016年01月30日

明日の朝市、出店最終日です


寒波が去り、急に暖かくなりましたね。

つくだの棚田にも、てんとう虫がでたりイヌフグリが咲いたりとまるで
春⁇
な風景が見られます。


さて、かねてよりお知らせしていましたが明日1/31の朝市で、私たちはいったん大原ふれあい朝市を卒業します。

10年間楽しかったなあ。

ここから、新しい10年に向かってまた船出です。

明日は久しぶりに子ども達をつれて朝市に行ってきます。
皆様にご挨拶、できますように。




image-3ca52.jpg
posted by たみ at 15:47| お野菜販売

2016年01月08日

朝市販売、出店終了のお知らせ


さて、連続投稿!

新しいチャレンジとして、もうひとつ。
つくだ農園は長らく続けてきた大原ふれあい朝市への出店を1月をもって終了することといたしました。

初めて朝市に出店してからもう10年になります。
初めて育てた夏野菜を売らせていただきたいという私たちを
実に快く受け入れてくださって、それから右も左もわからない私たちをそだててくれたのが朝市でした。

野菜の並べ方、値段のつけ方、袋の入れ方、伝票の書き方、料理人さんとの付き合い方...
ただの学生だった私たちはこのどれも知らないことばかりでした。
小学校から大学まで、こんなことを勉強したことはありませんでした。

ほんとうに、今思えばまったくのど素人です。

だけど、そんな私たちを面白がってくれ、売り場を与えてくれた朝市。
野菜を買ってくれたお客さんたち。
温かく見守ってくれた出店者の人たち。

ほんとうにほんとうに育てていただきました。
感謝という言葉だけではない、もっと暖かくて大きな気持ちでいっぱいです。

10年経って、同世代の仲間が増えて野菜を作る農家が増えて、直売所もできました。
そして、農家になりたい!とがんばる後輩たちがいます。
朝市は、新規就農者にとってはとてもよい勉強になる場所。
いつまでも私たちが居座っていては後進が育たない。そんな思いもありました。

それに、私たちも家族が増え、娘たちと過ごす時間のかけがえのなさを感じています。
2人だけだったときは、6時からの朝市のために前日10時過ぎまで出荷準備して、
朝4時過ぎに起きて..という生活もできましたが、小さな娘2人が加わるとそうはいきません。

これからさき、家族みんなで過ごす時間はそんなに多くないかもしれないな、と思うと、
この小さな子どもたちと今を過ごすことの貴重さを感じます。

農家だからこそ、できる子育て。
自分たちで家族の時間を生みだしながら、仕事の仕方を変えながら。

変わりながら、楽しくやっていこう。
そんな気持ちです。

振り返ってみると、朝市はあまりにも日常過ぎて写真をほとんど撮っておらず...
それだけ私たちの生活の一部になっていました。

DSCF4845.JPG.JPG
2009年



DSCF7840.JPG
2010年



IMG_4540.jpg
2015年



10年間、ありがとうございました。




posted by たみ at 14:54| お野菜販売

つくだ農園の加工場設置!


改めまして

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。

さて、つくだ農園は今年あたらしい1歩をふみだします。

去年、お家を立て直すのと一緒に加工場を設置しました。
そこでは、ジャムやお菓子を作って販売していくことができます。
瓶詰め、焼き菓子、お惣菜の許可を取りましたので
やりたいことずいぶん色々できそうな場所となりました。

これまでも、ジャムは作ったり朝市なんかで販売をしてきましたが、
きちんと許可を取った加工場を設置したかったのは、
おうちの台所でやる作業に限界を感じていたことや、
販路を拡大するためにはちゃんと作業のできる専用の場所が必要だと思っていたからです。
仕事として取り組むときに、ずっと長く続けられるように、本気で取り組めるように。
加工場の設置は、ついつい片手間に作業してしまう、そんな自分への挑戦でもありました。

まずは、自分の持っているレシピを新しい機械で試してみることから始まります。
そして、周辺のこと、ビンやシールやポップなども自分で整えていきます。

農家がジャムを作ったりすることはよくあることでしょうが、
材料を提供して加工は専門の業者に頼むというのがよくあるスタイルです。
農家にとってはそれはとても合理的で効率良く失敗もないやり方だと思います。

それでも、私たちは一から自分でやることを選択しました。
きっと失敗もするでしょう。
最初のうちはロスも多いだろうな。
でも、それゆえにたっぷり愛情を込めて愛着のある素敵な加工品がきっとできる、そう思っています。

なんといっても素材は自分たちで育てているのですから、
そこには自信がありますしね。
その美味しい野菜や果物の魅力をさらにぐっと押し広げるような、
それでいて普段の食事に取り入れやすい、
子どもたちも喜ぶ味で。

アイデアはひろがります。

そして今回、この加工品に貼るラベルを、とっても素敵なイラストでつくりました。
ずっと以前からのお友達の作家さんにお願いしました。
kozue NATSUKOさん。

つくだ農園をイメージして。
やさしく、たのしく、柔らかな雰囲気で、
生き生きとしたイラストを描いてもらいました。

IMG_6120.jpg

ウェブサイトの表紙もおなじく彼女の作品です。

TUKUDA -Window.jpg

見やすく、簡素なウェブサイトに一新しました。

ぜひご覧ください。

http://www.villagetrust-tsukudafarm.com


それではことしもどうぞ宜しくお願い致します。

posted by たみ at 14:21| 手作り